かずなRC治療院

SERVICEサービス紹介

腰痛・坐骨神経痛

腰痛の原因 | Cause

国民病とも言われる腰痛の原因は様々です。しかし原因が特定できる腰痛は、約15%と言われています。その代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などと言われています。その他、細菌感染、ガン、臓器・血管などの病気が原因となり、腰痛をひき起こすこともあります。
残りの85%の腰痛はレントゲンやMRIなどの画像を確認しても、原因が特定できないと言われており、近年、画像と痛みの原因が一致しないという発表も多数出されています。

それでは何故、腰痛になるのでしょう・・・?

実は骨盤には仙腸関節という大変重要な関節があります。これは家で例えると、住宅の基礎の免震構造のような役目をしています。この仙腸関節が生活習慣、外力、悪い姿勢、ストレスなどでロックされてしまうと、骨盤の上に乗っている背骨に大きな負担がかかります。この時点で筋肉は異常な緊張をして痛みが発生します。次に痛みを回避するために背骨が歪み、椎間板に負担がかかり神経を圧迫し、しびれてしまうのです。
ヘルニアや脊柱管狭窄症などの手術は、この圧迫している部分のみを取り除くだけなので治らなかったり、再発したりしてしまうのです。
従来、神経の症状だと考えられていた痛みやしびれ等の症状は、大多数が「壊れている仙腸関節」から起こる、骨格、姿勢異常という事が分かりました。ですから、たとえ「椎間板ヘルニア」や「坐骨神経痛」と診断されていても「壊れている」「仙腸関節」を治療し骨格を治せば、徐々に痛みやしびれは消えていくのです。
当院の施術は骨盤の矯正をして仙腸関節を正しく動くようにして背骨の負担をなくしてから椎間板の治療を行います。緊張している筋肉、筋膜の治療によって症状軽減を促します。
このように大元の原因から根本的に治療するために、症状は劇的に改善いたします。

骨格・骨盤の「ゆがみ」は様々な疾患の原因

骨格、骨盤の「ゆがみ」は様々な疾患の原因になります。骨格、骨盤の「ゆがみ」が原因の神経圧迫では、身体の支持力が落ちることにより身体全体が傾いて体重を支えられなくなり、様々な関節がズレてきます。そのようになると個人差はありますが、以下の様な現象が起こります。

  • ●体重をかけづらくなるので、無意識に回避姿勢を取ることによってバランスを取るために「側弯(そくわん)」に なることがあります。
  • ●身体の中心が狂い、バランスを取るために背骨が逆に回転することで「椎間板ヘルニア」になることがあります。
  • ●神経を圧迫することで、「坐骨神経痛」になることがあります。
  • ●副交感神経の機能が低下して、交感神経が優位になる体になりやすくなることが分かっています。そうなると、血行が悪くなることで、「頭痛」、「肩こり」等に、或いは、副交感神経の機能低下によって「精神疾患」になりやすくなります。

Contactお問い合わせ

施術に関するご予約・お問い合わせはこちらから

TEL049-241-3159