かずなRC治療院

SERVICEサービス紹介

産後の骨格矯正

産後の骨盤矯正の必要性 | Necessity

産後の骨盤矯正は、出産によって歪んでしまった骨盤を正常な位置に治すために行います。
骨盤・骨格の対策は出産後すぐに実践する事がとても大切です。何故かと言いますと出産後約半年が自身の骨盤回復時期でもあり、治療効果が最大限効果がある時期だからです。このように大元の原因から根本的に治療するために、症状は劇的に改善いたします。

産後の骨盤矯正ができないと、妊娠する以前の体重に戻っても体形が変わってしまいます。
産後、妊娠前に愛用していたズボンがきつくなるという話を知りませんか?
そのような不都合なことは、それらに留まりません。尾骨と恥骨の部分に痛みが出てきたり、尿漏れの症状が見られたり、股関節や骨盤に痛みが走る場合もあります。さらに、O脚がひどくなるなど、目に見えてわかるぐらいの症状がたくさん出てきます。出産してから肩がこったり腰が痛くなったりする人も少なくありません。 そして、数年経ってから「冷え症」になったり腰椎に負担がかかり椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になってしまう事も少なくありません。
また、骨盤が歪んでいると骨盤底筋が緩み、骨盤内がうっ血し、血行が悪くなりホルモンのバランスが悪くなることもあります。
しっかり矯正しておけば、こういった症状を緩和したり予防したりすることができます。

出産で歪んだ骨盤は、子宮が収縮するタイミングで骨盤矯正を始めることで、妊娠前と同じ状態にすることができます。
早く取り掛かるほど良いものですが、子宮が収縮していないと骨盤は安定しないため、各人でその期間には差が生じます。出産が自然分娩であったか帝王切開であったかで骨盤が開く状態にも差が生まれるため、矯正の手段も違います。
自然分娩を選ぶと、赤ちゃんが通る骨盤の下の方が大きく広がり、帝王切開では骨盤の上の部分が広がるということになります。

出産後6ヶ月間は歪んで不安定に緩んだ骨盤を
正常に治す最大のチャンス!

繰り返しになりますが、出産後約6ヶ月~1年間は、歪んで不安定に緩んだ骨盤を正常に治す最大のチャンスです。
10ヶ月間頑張ったお母さんが正常な骨盤に戻すことで、様々な症状が出るかも知れないという不安を取り除き、育児に専念できるように、ご自身のメンテナンスをされることをお勧めします!

Contactお問い合わせ

施術に関するご予約・お問い合わせはこちらから

TEL049-241-3159