埼玉県川越市の腰痛・坐骨神経痛の整体なら かずなRC治療院

  • Twitter
  • YouTube
  • エキテン

MEDICAL TREATMENT診療内容

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正の必要性 | Necessity

産後の骨盤矯正は、出産によって歪んでしまった骨盤を正常な位置に整えるために行います。
骨盤の対策はすぐに実践する事がとても大切です。
それは、出産後約1年間が自身の骨盤回復時期でもあり、最大限治療効果がある時期だからです。

 

産後、妊娠前に愛用していたズボンがきつくなるという話しを聞いたことがありませんか?

 

産後の骨盤矯正をしていないと妊娠前の体重に戻っても体形が変わってしまいます。
それだけでなく、尾骨や恥骨・股関節といった骨盤周辺の痛み、肩こり、尿漏れ、O脚の悪化など様々な症状がでてきます。
さらに、数年経ってから冷え性になったり腰椎に負担がかかり椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になってしまう事もあります。
また、骨盤が歪んでいると骨盤底筋が緩み骨盤内がうっ血し、血行が悪くなりホルモンのバランスが崩れることがあります。

 

しっかりと矯正しておけば、こういった症状を緩和したり予防したりすることができます。

出産で歪んだ骨盤は、子宮が収縮するタイミングで骨盤矯正を始めることにより、妊娠前と同じ状態にすることができます。
早くとりかかるほど良いですが、子宮が収縮していないと骨盤は安定しないため、各人でその期間には差が生じます。

 

また、自然分娩では赤ちゃんが通る骨盤の下の方が大きく広がり、帝王切開では上の方が大きく広がる為、自然分娩であったか帝王切開であったかで矯正の手段も違います。

出産後約1年間は歪んで不安定に緩んだ骨盤を
正常に整える最大のチャンス!

10ヶ月間頑張ったお母さんの骨盤を正常な状態に戻す事で、産後様々な症状がでるかもしれないとった不安を取り除き、育児に専念できるように、ご自身のメンテナンスをされることをお勧めいたします!

Contactお問い合わせ

施術に関するご予約・お問い合わせはこちらから

TEL049-241-3159

ご予約はこちら