治療案内

腰痛・坐骨神経痛

腰痛の原因

国民病とも言われる腰痛の原因は様々です。しかし原因が特定できる腰痛は、約15%と言われています。その代表的なものは、腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などと言われています。その他、細菌感染、ガン、臓器・血管などの病気が原因となり、腰痛をひき起こすこともあります。
残りの85%の腰痛は、レントゲンやMRIなどの画像を確認しても、原因が特定できないと言われています。近年、レントゲン、MRIなどの画像と痛みの原因が一致しないという発表も多数出されています。

図1
図1
図2
図2

それでは何故、腰痛になるのでしょう・・・?

実は骨盤には仙腸関節(図1)という大変重要な関節があります。これは家で例えると、住宅の基礎の免震構造のような役目をしています。
この仙腸関節が生活習慣、外力、悪い姿勢、ストレスなどでロックされてしまうと、骨盤の上に乗っている背骨に大きな負担がかかります。
この時点で筋肉は異常な緊張をして痛みが発生します。次に痛みを回避するために背骨がゆがみ、椎間板に負担がかかり神経を圧迫し、しびれてしまうのです。(図2)
ヘルニアや脊柱管狭窄症などの手術は、この圧迫している部分のみを取り除くだけなので治らなかったり、再発したりしてしまうのです。

従来、神経の症状だと考えられていた痛みやしびれ等の症状は、大多数が「壊れている仙腸関節」から起こる、骨格、姿勢異常という事が分かりました。
ですから、たとえ「椎間板ヘルニア」や「坐骨神経痛」と診断されていても「壊れている」「仙腸関節」を治療し骨格を治せば、徐々に痛みやしびれは消えていくのです。

当治療院の施術は骨盤の矯正をして仙腸関節を正しく動くようにして背骨の負担をなくしてから椎間板の治療を行います。緊張している筋肉、筋膜の治療によって症状軽減を促します。
このように、大元の原因から根本的に治療するために、症状は劇的に改善いたします。

骨格、骨盤の「ゆがみ」は様々な疾患の原因

骨格、骨盤の「ゆがみ」は様々な疾患の原因になります。
骨格、骨盤の「ゆがみ」が原因の神経圧迫では、身体の支持力が落ちる事で身体全体が傾いて体重を支えられなくなり色々な関節がズレてきます。そのようになると、個人差によって以下の様な現象が起こります。

  • ●体重をかけづらくなるので、無意識に回避姿勢を取ることによって、バランスを取るために「側弯(そくわん)」に なることがあります。
  • ●身体の中心が狂い、バランスを取るために背骨が逆に回転することで、「椎間板ヘルニア」になることがあります。
  • ●神経を圧迫することで、「坐骨神経痛」になることがあります。
  • ●副交感神経の機能が低下して、交感神経が優位になる体になりやすくなることが分かっています。そうなると、血行が悪くなることで、「頭痛」、「肩こり」等に、或いは、副交感神経の機能低下によって「精神疾患」になりやすくなります。

産後の骨盤矯正の必要性

骨盤矯正イメージ

産後の骨盤矯正の必要性

産後の骨盤矯正は、出産によって歪んでしまった骨盤を正常な位置に治すために行います。
骨盤・骨格の対策は出産後すぐに実践する事がとても大切です。何故かといいますと出産後約1年間が自身の骨盤回復時期でもあり、最大の治療効果がある時期だからです。

この1年が、10ヶ月間頑張ったお母さんにとって治療効果の高い最大のチャンス期間なのです!

産後の骨盤矯正ができないと、妊娠する以前の体重に戻っても体形が変わってしまいます。
産後、妊娠前に愛用していたズボンがきつくなるという話をご存知ですか? 不都合なことは、それだけに留まりません。尾骨と恥骨の部分に痛みが出てきたり、尿漏れの症状が見られたり、股関節や骨盤に痛みが出る場合もあります。出産してから肩こりが出たり腰痛になったり冷え症になる人も少なくありません。更にO脚がひどくなるなど、目に見えてわかるぐらいの症状がたくさん出てきます。

そして、数年経ってから腰椎に負担がかかり椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になってしまう事も少なくありません。
また骨盤が歪んでいると骨盤底筋が緩み、骨盤内がうっ血し、血行が悪くなりホルモンのバランスが悪くなり自律神経をみだしてしまうこともあります。
しっかり矯正しておけば、こういった症状を緩和したり予防したりすることができます。出産で歪んだ骨盤に対して、子宮が収縮するタイミングで骨盤矯正を始めることで、妊娠前と同じ状態にすることができます。早く取り掛かるほど良いものですが、子宮が収縮していないと骨盤は安定しないため、各人でその期間には差が生じます。
出産が自然分娩であったか帝王切開であったかで骨盤が開く状態にも差が生まれるため、矯正の手段も違います。自然分娩を選ぶと、赤ちゃんが通る骨盤の下の方が大きく広がり、帝王切開では骨盤の上の部分が広がるということになります。

繰り返しになりますが、出産後約1年間は、歪んで不安定に緩んだ骨盤を正常に治す最大のチャンスです。
10カ月間頑張ったお母さんが正常な骨盤に戻すことで様々な症状が出るかも知れないという不安を取り除き、育児に専念できるように、ご自身のメンテナンスをされることをお勧めします!

※産後の骨盤矯正の詳細は、【かずなRCテクニックセンター・産後の骨格矯正】のホームページにてご確認ください。

産後の骨格矯正

お問い合わせはこちら

おかげさまで当院が
川越で口コミ数No.1になりました

かずなRC治療院の口コミをもっと見る

頁トップへ戻る